「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ > 人や猫との接し方 > 人に攻撃的
愛猫に顔をパンチされたのですが、嫌われているのでしょうか。

ミックス | 9歳3カ月 | S

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫パンチは爪を出しているときと出していないときがありますね。爪を出していないときは、攻撃の一歩手前の拒絶や興奮しているときに出すパンチだと思います。 撫でているときに急に猫パンチが飛んでくるのは拒絶しているのでしょう。猫が触られたくないところを撫でていたり、しつこく撫でていたりしているときです。急に撫でられるのを嫌がるようでしたら怪我や病気で痛みを感じている可能性があります。この場合はもう一度注意深く触って痛みを感じている場所を確認ください。 遊んでいる最中に猫パンチが飛んでくるのは、興奮しているか、「もっと遊びたい」と誘っている場合が多いようです。おもちゃを使って遊んだり、休憩をしながら遊んであげてくださいね。 このように猫パンチは飼い主さんを嫌って出しているのではなく、猫の感情表現だと理解していいのではないかと思います。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。