「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 食事 > 食事の与え方
17歳のミックスです。飲水量を増やすにはどのような工夫がありますか。

ミックス | 17歳3カ月 | S

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫に水を飲むようにしむけるのは難しく、猫の様子を見ながら色々試して、方法を探していかなくてはならない場合が多いようです。まして、ご相談者様の愛猫は17歳の老齢猫なので、今までの生活習慣を変えるのはなかなか難しいと思います。 猫にも飼い主さんにもあまり負担がかからないのはフードをウエットフードに変える方法かと思います。ドライフードが含む水分量が5〜10パーセントに対して、ウエットフードは75〜80パーセントになっていますので、ウエットフードを食べるとかなり水分を補えることになりますね。 加齢に伴ってあまり動かなくなり、水を飲まなくなったのでしたら、水入れをあちこちに置いてあげましょう。どこにいても水が飲めるようになっていたら飲む回数が増えるかもしれません。水入れの形や水の量にも気をつけてあげてください。お皿のような浅い水入れや、深い入れ物に水が少ししか入っていないと、頭を低くして飲まなくてはならないので、飲みづらいことがあるようです。大きめの入れ物にたっぷり入れておいてあげると飲みやすいかもしれませんね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。