「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 食事 > 食事の与え方
経口での栄養補給はどのようにするものなのでしょうか。

ミックス | 3歳3カ月 | C

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

経口での栄養補給は、猫がある程度食べられているのでしたら猫の食欲に任せましょう。強制的に食べさせると、食欲をなくすことがあります。猫が食べる量だけではカロリーが足りていないようでしたら、高栄養の食事に切り替えたり、今の食事に高栄養の食事やミルク、ペーストを足して様子を見ましょう。 食欲はあるのに何らかの障害で食べることができなかったり、下痢や嘔吐はないのに食べようとしないときは、強制的に給餌しなくてはならない場合があります。 猫の場合、口を大きく開けさせるのは難しいので、流動食(ペースト状のフードやスープ)をスポイトや注射器(動物病院で分けてもらえます)に入れて与えるとよいでしょう。猫のあごを少し上に向けて、犬歯の隙間から注射器の先を入れます。猫が飲み込む速度に合わせてゆっくり流し入れていきます。急いで入れると誤嚥(肺に食べ物が入ってしまう状態)を起こしたり、口からあふれてしまうので注意してください。嫌がる猫には、1回の時間を短くして回数を増やすようにして一日の量を与えるようにしてくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。