「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 健康管理
外猫を保護する際に、本気で噛まれました。一応水で流したのですが、病院に行ったほうがよいでしょうか。

… | …

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫の口の中にはたくさんの菌がいますので、傷の大小にかかわらず、外科や皮膚科に行って診察を受けたほうがよいかと思います。噛まれた傷口から猫の口の中の菌が侵入して、治りにくい炎症や化膿を起こすことがあります。その代表としてよく知られているのが、パスツレラ症と猫ひっかき病です。 パスツレラ症はパスツレラ菌が原因になります。数時間で噛まれた傷口が赤く腫れ、痛みや発熱を伴います。近くのリンパ節が腫れることもあります。 猫ひっかき病はヘモバルトネラ・ヘンセレという菌が原因で傷口が赤く腫れ、数日後に近くのリンパ節が痛みを伴って腫れ上がることがあります。 小さい子供や高齢者のように抵抗力が弱いと、重症になることもあります。ですから、受診の際は必ず猫に噛まれたことを説明してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。