「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 多頭飼い
1歳になる先住猫がいます。子猫を保護して駆虫している最中です。ウイルス確認もまだできていません。どのように対応すればいいでしょうか。

ミックス | 1歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

子猫の駆虫やウイルス感染症の確認が終わるまでは、子猫をケージなどに入れるか、別の部屋に隔離しておいたほうがいいでしょう。もし、子猫が消化管内寄生虫に感染していたら、トイレを一緒に使ったりグルーミングをし合うと、先住猫にうつる可能性があります。子猫が猫エイズウイルスや猫白血病ウイルスに感染していると、じゃれ合っったりケンカしたときにうつる可能性があります。 また、この期間を利用して、子猫をケージやキャリーバッグに入れたまま、先住猫との対面をするのもよいでしょう。新しい子猫を急に近づけることは、先住猫のストレスになることがあります。お互いの姿だけ見せることから始めて、少しずつ距離を近づけるようにしていくと、先住猫は安心して子猫を受け入れることができるようです。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。