「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 健康管理
1歳のミックスです。血液検査をしたら腎臓値が正常ギリギリでした。再検査したほうがいいでしょうか。

ミックス | 1歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

腎臓のための血液検査には、クレアチニンとBUN(血中尿素窒素)があります。BUNは腎機能が低下していると高い値になりますが、タンパク質の多い食事をしている場合も高めの値になることがあります。 クレアチニン値は腎機能障害の程度を表しています。また、筋肉量が多い場合は高めの数値になります。 今回、ご相談者様の愛猫の腎臓の数値は高めであっても正常範囲ということですね。日頃、腎臓病を疑うような様子(飲水量が増えた、食欲がない、痩せてきたなど)が見られなければ、それほど心配することはないと思います。 今後の愛猫の生活などに不安が残るようでしたら、獣医師と相談して、再検査を受けてください。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。