「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 動物病院の選び方
7歳のミックスです。くしゃみと肥満、小肝症を患っています。もっと踏み込んだ検査をしたいと思っているのですが、セカンドオピニオンを受けてもいいでしょうか。

ミックス | 7歳0カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様がご希望であれば、セカンドオピニオンを受けられてよろしいかと思います。しかしはじめから踏み込んだ検査をすべく他の動物病院を受診する場合、セカンドオピニオンではなく転院といいます。セカンドオピニオンと転院・転医を混同して使われることが度々ありますのでご説明します。 セカンドオピニオンとはよりよい治療をするために、主治医以外のほかの医療機関の医師の意見(=第二の意見・セカンドオピニオン)を聞くことを言います。セカンドオピニオンを受けた後、よりよい治療をうけるために医師や病院をかえることはありますが、はじめから設備の整った病院へ行きたい、主治医を変えたい場合は転院、転医といいセカンドオピニオンとはいいません。セカンドオピニオンを受けるにあたっては、最初に主治医にその旨を伝え、紹介状や今までの経過、検査結果などの記録を準備してもらう必要があります。それらの資料を持参し、セカンドオピニオンを求める医師に、よりよい治療がないかどうか意見を聞きます。主治医にセカンドオピニオンの希望をしづらい気持ちがあるかもしれませんが、セカンドオピニオンの目的は、よりよい治療を主治医とともに選択することです。率直に今の気持ちをお伝えの上、まずは踏み込んだ検査が必要かどうか、判断することからはじめてみてはいかかでしょうか。また、現在の主治医の意見であるファーストオピニオンや病状を十分に理解していない場合、セカンドオピニオンをとったとしても治療の選択の際にかえって混乱してしまう可能性があります。まずはファーストオピニオンを十分に理解し、その上でセカンドオピニオンを検討することをおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。