「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 健康管理
7歳のマンチカンです。台所から落下して動物病院に行きました。痛み止めを処方されただけなのですが、様子を見ていても大丈夫なのか心配です。

マンチカン | 0歳5カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫はバランス感覚に優れていて、高いところから落下しても身体をくねらせて器用に着地します。マンチカンは他の猫に比べると足が短い傾向にありますが、他の猫に比べ運動神経が劣ることはありません。そのため台所ほどの高さからの落下で骨折をする可能性は低いと思います。また、主要な骨を骨折していた場合は、通常足を着いて歩くことができません。ご相談者様の愛猫のご様子はいかがでしょうか。動物病院では猫の歩き方や触診をして骨折が疑わしい場合などにレントゲン検査を行います。歩き方が問題ない場合は靭帯などに多少の損傷がある可能性を考え痛み止めを処方することがあります。ちなみに靭帯はレントゲンに写らないため、損傷の有無をレントゲン検査で調べることができません。おそらく担当の獣医師は骨折の疑いがないため、痛み止めの処方のみをされたのだと思います。数日間はなるべく安静にしていただき、痛みが強くなる場合や歩き方にいつもと違った様子が見られる場合は再度診察を受けられたほうがいいでしょう。かかりつけの獣医師から特に再診察の必要を伝えられていない場合は薬を飲みきってからびっこを引くなどの症状がなければおうちで様子を見ていただいてもよろしいかと思います。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。