「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 薬/投薬の方法
愛猫が糖尿病と診断されました。インスリンはずっと投与しなければいけないのでしょうか。

ミックス | 3歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

糖尿病とはインスリンというホルモンがうまく作用せず、慢性的に高血糖が続くことをいいます。糖尿病は大きく2つにわけられ、インスリン依存性糖尿病(1型糖尿病・IDDM)とインスリン非依存性糖尿病(2型糖尿病・NIDDM)があります。 食餌によって増えた血液中のブドウ糖は、膵臓から分泌されたインスリンによって各臓器に運ばれ利用されます。2型糖尿病は肥満、運動不足、ストレスなどをきっかけにインスリンの分泌の低下やインスリンが利きにくくなること(インスリン抵抗性)により発症し、人間に多くみられるのはこの病態です。この場合は食事や生活習慣の見直し、必要によりインスリン療法を使い改善するケースが多く見られます。 一方で犬や猫で多く見られるのは1型糖尿病です。インスリンは膵臓のβ細胞から分泌されますが、このβ細胞が破壊されることによりインスリンの分泌自体がなくなってしまうのが1型糖尿病です。そのため生命維持のために生涯にわたりインスリンの投与が必要になります。犬がほぼ1型糖尿病であるのに対して、猫は少ない割合ですが2型糖尿病のことがあります。しかし、どちらかの判断は難しく、最初は2型糖尿病であっても徐々にβ細胞が破壊されて1型糖尿病に移行するケースもあります。このためインスリンの投与を中止できる可能性は高くはありませんが、絶対ないわけではないと思います。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。