「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 薬/投薬の方法
膀胱炎と診断されました。止血剤と利尿剤を飲んでいますが、どうしてこの薬が必要なのでしょうか。利尿剤はよくないと聞いたことがあるため心配です。

ミックス | 3歳11カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

一般的に膀胱炎に使用する薬は消炎剤、抗生剤、止血剤で、症状にあわせて単独や組み合わせて処方されます。消炎剤は炎症を抑えるため、抗生剤は膀胱などの尿路に細菌感染を起こしていた場合、止血剤は炎症による出血を抑えるために使用します。利尿剤ですが、膀胱炎のときはなるべく水分を摂取して尿をたくさん出す必要があるため、処方されたのではないでしょうか。猫によってはあまり水を飲まない子もいるため、そういったことが考慮されたのかもしれません。利尿剤の種類によっては腎臓に負担をかけるものもあるため、腎不全の場合は注意が必要です。また、利尿剤を服用してもあまり水を飲まない場合は脱水症状を引き起こすことがありますので愛猫が水をいつもより多めに飲んでいるか見てあげてください。また、尿結石のできやすい猫に対して、結石が大きくなる前になるべく尿と一緒に排泄させるために利尿剤を処方することもあります。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。