「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 健康管理
最近、おしっこをするときの様子がいつもと違う気がします。猫砂のトイレでしかしないので家での採尿ができません。

ラグドール | 2歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

膀胱炎や尿結石は猫にとても多い病気です。何回もトイレに行く、一回の尿の量が少ない、いつもと違うところでトイレをしてしまうなどの症状がある場合はその可能性が高いです。診断には尿検査が必要です。トイレがペットシーツの場合は採尿するときだけ裏返して吸収できないようにします。尿はスポイトや、お弁当用のお醤油さしを使うと取りやすいです。(お醤油さしを使うときはよく洗ってから使いましょう。)猫砂の場合、尿を吸収し固まってしまうため検査が困難です。この場合は動物病院で採尿してもらいましょう。また、せっかくとった尿も、時間がたつと雑菌が繁殖して検査ができなくなってしまいます。なるべく新鮮なうちに検査してもらいましょう。やむをえず時間がたってしまう場合は冷蔵庫にいれるといいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。