「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ > 留守番/分離不安
いつも留守のときには10畳ひと部屋のみにしていますが、解放したほうがいいでしょうか。

サバトラ | 1歳7カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

必ずしも広い場所での留守番が、猫にとってよいことであるわけではありません。猫は上下運動を好む動物です。狭い場所であっても、上下運動ができるような棚やキャットタワーなどが配置していたり、外が眺められるような窓があるような環境であれば、猫はそれほどストレスはたまりません。 また、あまり広い場所に開放しても、猫によっては、コードをかじったり、台所をあらしてしまうなどのいたずらが心配なこともあるでしょう。留守中、ご相談者様の愛猫に、万が一事故が起きてしまうといけないので、ご相談者様の愛猫にとって安全な部屋のみ解放されることをおすすめします。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。