「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 高齢猫/老猫 > 介護
20歳になる猫です。病気の末期の猫のお世話について教えてください。

ミックス | 20歳10カ月 | ♀

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛猫は、病気の末期の状態なのですね。愛猫は20歳とのことですから、いままでご相談者様と本当に長い期間、一緒に楽しい時を過ごしたのでしょうね。最後までできる限りのお世話をしてあげたいですよね。 さて、お世話についてですが、どんな病気か、愛猫が今どのような状態かによって、お世話の仕方は変わりますが、激しい吐き気がないようでしたら、できるだけごはんや水分をとらせてあげましょう。自力で食べるのが難しい場合には、ドロドロの液体状にしたフードを人の手で猫の臼歯に塗ってあげたり、注射器のポンプのようなものに入れて、少しずつ口に入れてあげるといいでしょう。 また、足先や体などが冷たいようでしたら、動物用のヒートマットや湯たんぽなどで保温してあげるようにしましょう。その際、じかに長時間その上にいると低温やけどを起こしてしまう可能性がありますので、必ず上に敷き物を敷くようにしてくださいね。 また寝たきりの場合は、床ずれになりやすいので、下に柔らかい布団を敷いてあげたり、床に直接あたる部分には、小さなドーナッツ状のクッションなどを当てるようにするといいでしょう。 上記の方法はほんの一例です。お世話の仕方は、猫の病状によって、さまざまな方法がありますので、かかりつけの動物病院があるようでしたら、一度そちらでもご相談なさるといいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。