「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 室内飼い
外猫をならして、家に保護するにはどうしたらいいですか。

ミックス | 13歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

外で暮らしている猫は非常に警戒心が強いです。まずは、ご相談者様がその猫にとって警戒する存在でないことを認識づけるために、ごはんをあげるなどして、ご相談者様に対してよいイメージをつけるようにします。始めは近づいてきても触ったりせずに、なるべく動かないようにして、やさしく声をかける程度にしましょう。猫が徐々に近づいてくるようになったら、猫の目線に合わせて座ってもらい、人さし指をそっと突き出してみましょう。猫は棒状のもののにおいを嗅ぐという習性がありますから、においを嗅ぎに近寄ってくると思います。猫はにおいを嗅ぐと、ご相談者様の存在を認識し、安心します。できるようでしたら、そっと猫の背中を撫でてあげましょう。もし、ならす途中で猫が警戒して離れてしまったら、一からやり直します。このように時間をかけて、順を踏むことにより、徐々にご相談者様に慣れさせて、苦もなく猫に触れるようになったら、バスタオルと洗濯ネットなどを持参し、猫の全身がスッポリと隠れるように、バスタオルで覆ってください。猫は顔など全身を覆われると、それほど暴れませんので、そっと抱きかかえて洗濯ネットに入れて、家に連れて帰るといいでしょう。保護した猫は、できるようでしたら、動物病院へ行き、健康診断をされてくだいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。