「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 薬/投薬の方法
血圧が高く、降圧剤を使用したら、BUN、CREが上昇してしまいました。

ミックス | 14歳10カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ACE阻害剤というお薬は猫の高血圧で一般的に用いられ、病態の初期段階から選択されるお薬です。このお薬は、血管を弛緩させることで、血圧を下げる効果があり、高血圧の治療のほかに、心臓病の治療や猫の慢性腎不全の進行を遅らせるために使用します。ACE阻害剤にはたくさんの種類がありますので、一概には言えませんが、一般的な副作用として、嘔吐、下痢などの消化器症状や低血圧などがみられることがあります。また、ご相談者様の愛猫のように、BUN、CREが上昇してしまうというケースもあります。これらの値は一般的に腎障害が起きると上昇する酵素です。上記にも書いたように、このお薬は慢性腎不全の治療薬として、腎臓を保護するめにも使用するのですが、お薬の種類や猫の体質によっては、ご相談者様の愛猫のように、かえって腎臓の酵素の値を上げてしまうこともあります。薬の副作用が強く疑われる場合には薬の変更が必要でしょう。かかりつけの獣医師と今の病状や今後の治療計画などよくご相談してくださいね。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。