「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方 > 食事 > 食事の与え方
食事のあげ方について教えてください。

ミックス | 0歳6カ月 | ♂

ねこのきもち相談室 担当獣医がお答えします

猫は一回の食事で多量に食べてしまうと吐いてしまう猫もいますので、体質にもよりますが、一日2〜3回に分けてあげるようにしましょう。3回食の場合は、必ずしも8時間ごとに同分量を与える必要はありません。愛猫の体質や飼い主さんの生活習慣などによって、たとえば、朝、夕方(帰宅が遅い場合は夜)、就寝前に少量という感じであげていただいてもよいと思います。 またフードには総合栄養食と一般食というものがあります。総合栄養食とは水とそのフードのみで猫に必要な栄養素を補給できるものをいいます。一方、一般食はそれだけでは栄養が十分にとれないフードになります。そのため総合栄養食という表示のあるフードを主食にしていただき、それで物足りないようでしたら、一日の摂取カロリー内で、一般食のフードを足していただいたり、手作りの食事(たとえば茹で鳥のささみなど)を足していただくなどするといいでしょう。

ねこのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛猫のお悩みにスグ対応


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 獣医師相談室スペシャル
  • 愛猫とのLOVEのカタチ
  • 読むトイレエッセイ
  • 新春 猫みくじ
おすすめ特集
  • 愛猫に歯みがきしたい!
  • 猫の集中力・記憶力・判断力
  • ゆるり、外猫めぐり

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。